無料で求人広告を出す時に知っておきたいこと

欲しい人材を手に入れる

より多くの人に見てもらうためには

より多くの求職者の目に留まる為には、目を引く広告にしなければならないことはお分かりだと思います。
あるデータによると、一つの広告で250件ほどのアクセスの中、応募までたどり着くのは1件という事です。
という事は、4人採用を希望している場合は1000件ほどのアクセスを期待しなければなりません。
これは星の数ほどある求人募集の中で中々難しい事と思います。
複数の無料求人サイトに登録をすることももちろんできるのですが、情報サイトによっては情報を預かりっぱなしで特にアクションのないサイトなどもあり、登録している方としては中々現状が把握しにくいという事があるようです。
求人情報サイトの一長一短をよく調べ、欲しい人材に適した求人情報サイトを選ぶようにしましょう。

ターゲットを絞るために

ファッションや介護士、看護師、エンジニアに特化したサイトなどもあります。こういったサイトは求人情報サイトとしての役割だけではなく、業界についても詳しく知ることが出来ます。
求職者も元々その職に就いていた人も多く、ターゲットを比較的絞りやすいサイトになります。
地方のIターンUターンを狙った、地元の求人に特化した求人情報サイトもなどもあります。

一般事務などになると、職種としても幅広くなかなかその一言だけでは業務内容が伝わりにくく広告を見てみようという気持ちになりにくいかもしれません。やはり、仕事場の環境や、福利厚生など他の会社よりもメリットのある一文を入れ、なるべく求職者の目に留まるようにすることがコツです。
かといって誇張された内容を入れることはもちろんタブーです。