無料で求人広告を出す時に知っておきたいこと

無料求人広告は本当に全てが無料なのか

無料広告と有料広告の違い

Web上には無料広告と有料広告の2種類があります。
無料広告にオプション(検索した時に上の方に出るように、など求職者が検索しやすくなる有料サービス)をつけると当然、全くの無料広告ではなくなりますが、そうではなく最初から有料で求人広告を出すサービスもあります。

有料サービスの場合は初期費用がかかります。広告の掲載期間を決めて先に広告料を払うシステムの事を指します。
有料サービスは、検索エンジンを立ち上げなくとも誰にでも目に付くところに広告を出すことが出来る反面、広告のテンプレートがないので一から広告をデザインする必要があります。

一方、無料広告は初期費用は一切無用でWeb上に広告を出すことが出来ます。広告のテンプレートもほぼ決まっているので、広告自体をデザインする必要はありません。

無料から有料に変わる時

無料広告の定義は「初期費用が無料」ですが、当然、ただ広告を出しても多くの人に見てもらえなければ応募も多くありません。
そこで、有料サービスをつけることが出来ます。

会社によってサービスはそれぞれ異なりますが、無料広告のままだとトップに出るのは数日間でその後はどんどん後ろの求人広告に隠れてしまいます。そこで有料サービスで常に検索画面のトップに広告を配置し多くの求職者の目に留まるようにすることが出来ます。

また、無料広告のメリットとしてテンプレートが使えるので設定は楽なのですが、他社との差別化を図るために多少デザインを変えたりすることも求人情報サイトによっては可能です。
初期費用無料の「無料広告情報サイト」でも、そのサイトから採用者が出た場合は「成功報酬」を払う必要があるサイトもあります。
求人情報サイトによって、様々な有料サービスの違いがあるので比較検討をしてみましょう。